【FFXIV】幻想薬をキメてみました

FFXIV, FinalFantasy, キャラメイク

メインクエストの報酬だったかな~。キャラクターの外見を初期化してしまうという禁断のお薬、「幻想薬」。突然、背後から忍び寄る黒ずくめの人たちに取り押さえられて無理やり飲まされました。 いや、勢いで使ってしまいました。キャラ作成から約半年だしちょっと気分転換にもいいかも。

右クリックでなにか説明窓でも出るだろうと思ってたら普通のポーションの如く適用完了。あっ、もう戻れませんねw

というわけで、しばらくララフェルはお休みでミコッテ日記となります。

一応サブキャラで

幻想しなくても済むようにとサブキャラ作っていたんですが、レベリングが相当だるい。初めた当初は優遇サーバーで経験値2倍でしたが今はなにもない普通の村サーバー。なんとか初心者の館で装備を整え、サスタシャ・トトラクをCFでクリアのところまでやりました。

今後、カッパーベルやって暁に入ればリテイナー開放なのでそこまで止まりかな。

サイズ感

ララフェルはサイズ的にデフォルメされてしまっている感じなので衣装がどれもチープに見えていました。幻想薬でミコッテになったので今までの衣装が見違えて見えるようになりました。ハウジングでも視点が上がってやりやすいなぁ。

チョコボも一回り大きくなった。

幻想薬関係ないけど、FF14って家具とかサイズ感がおかしいんですよね。

大食い選手権かよ。

とある民家のキッチン家具も製作のとはサイズ感がちがう。うちのはパズズ仕様になってるけど明らかにコンロがでかい。でかすぎる。

イスとかララサイズで配置してたけど、特に直さなくても大丈夫なのでよかった。