【ArcheAge】貿易で襲われないための5つのポイント

ArcheAge, 攻略, 貿易

貿易システムが変更になって、貿易品や交易品の盗難被害が多くなっていますね。改めて貿易の安全策についてまとめてみました。

1.刻印をきちっと行う

トラクターや船舶など、降りる前に刻印を必ずしましょう。領内の平和な場所でも必ず行って癖を付けておくと良いです。1分30秒で切れてしまうので再刻印も重要です。注目設定を活用して時間の管理も必要です。特に貿易船やミンタ型トラクターは積載数が多く、積み下ろしに時間が掛るので残り40秒切ったくらいで再刻印すると良いでしょう。

2.可能な限り複数人で行う

国内から国内の交易所への運搬であればソロでも問題ありませんが、海外に向かう際には数人居たほうが良いでしょう。貿易船の場合はレーダー要員必須です。

3.周りの状況をきちんと把握する

国内にある交易所でも他勢力の人も訪れます。むしろ必ず居ると言ってもいいくらいです。特産品を作っているときや特産品を納品して生成された交易品を購入したとき、後ろに誰か居ませんでしたか?グライダーで飛んでいる他勢力の人は居ませんか?ハイド等のログ、確認していますか?

設定方法は以前書いたブログ記事を参考にすると良いでしょう。

4.時間帯・曜日などを予測する

この項目は難しい所です。平日に比べて祭日はどうしても人が多くなります。人によって生活時間が違うので一概にハッキリとは言えませんが、月曜日の午前10時と土曜日の午後9時ではゲームにログインしている人数が違いますよね。人数が多いということは狙う人も多くなるかもしれません。

5.ルートを考える

貿易ルートを考えましょう。交易品を購入した後、すぐ隣に他勢力の人がやってきた場合、そこから出発すれば、どうぞ狙ってくださいという事になりますよね。また、勢力チャットなどで「○○地点で襲われました」などの情報があるのに、わざわざそこに向かっていけばどうぞ襲ってくださいということになります。近ければ一旦自宅に持ち帰ったり、少し遠回りしてでも他の地域から船出するなど、安全なルートを考えましょう。同じ時刻同じルートであれば狙う側にとっても格好の標的となります。

被害は結構でかい

国内の交易所では交易品1つ32金程と高額です。盗んだ側にとってもそのまま運べばその倍以上の金額または高価なアイテムが容易に手に入るという素晴らしいクソシステムなのです。

鮮度システムになって、焦ってしまう気持ちはわかりますが、盗られてしまってはどうしようもないので気おつけてください!