【PC】AMD ZEN2用 MSIマザーボードのBIOS更新方法

MSI製のマザーボード、B450M GAMING PLUSを購入しました。箱のシールにAMD RYZEN 3000シリーズ対応となっていたのでBIOSアップデートされているのかと思いましたが、

CPUエラー出ちゃってるねー。エラーメッセージがわかりやすくよろしいですね。接続しているモニター画面には何もでてきません。故障かと一瞬焦りますが、問題ないです。そしてこのMSIのマザーボードにはFlashBIOSボタンが搭載されていて、USBメモリに更新BIOSを入れて押せばマザボ単体で更新ができちゃうという素晴らしい機能がついています。なのでAmazonでもためらいなく注文できました。

FlashBIOSをしてみよう

用意するものはUSBメモリーと更新用のBIOSだけです。USBメモリは昔Mac用に購入したVMWAREのソフトが入ってたやつで結構ボロボロ。容量2GBだったかな。使用した理由は、そこにあったからw 心配な方はメーカー製品を使用しましょう。

BIOSダウンロード

MSIの公式サイトからダウンロードできます。ダウンロードして解凍しましょう。

B450M GAMING PLUSだとこのファイルですね。「E7B87AMS.17M」というファイルが出てきます。MSI公式のYoutubeをみるとファイル名を「MSI.ROM」にしていましたのでコピーしてファイル名変更しましょう。

念のため、元ファイルとそのコピー、名前を変更したファイルを残しておきます。※.17Mから.ROMに拡張子が変わります

USBメモリーに書き込む

USBメモリはFAT32でフォーマットしてください。上記4つのファイルをそのままコピーするだけで完了です。フォルダーに入れてはいけません。

更新の準備

一度組み立ててしまったので、外すのめんどくさいのでCPUやメモリグラボ、SSDなど全部つけたままの状態でやってしまいました。 特に問題はなかったです。通常はマザボ単体でやるのかは定かではありません。電源だけは繋がないと当然、更新は不可能なので忘れないようにしましょうw

ロジクールのキーボードが刺さっていますが、赤枠のポートにUSBメモリを挿入します。(あ、USBジャックっていうんだっけ。それとPS2とかもう要らないよね。差し込んだらすぐ上のBIOSFlashbackの黒いボタンをぽちっとします。数秒後に電源が入り、更新が始まります。途中で電源を落としたりリセットボタンとかいじらないように数分待ちましょう。更新が終わると、たしか電源が落ちるので再起動するとモニターにMSIロゴが出てくると思います。そうなれば完了です。

あとはOSインストールして完了ですね。お疲れさまでした!INTELと違ってチップセットがあまり変わらないのはいいですね。無駄にCPU購入したりする手間もなく更新できるので良品マザーボードでした。


ブログランキングに参加しています。よかったら応援おねがいします。

人気の記事