【PC】UPSとワットチェッカーを購入しました

以前住んでいたマンションは、わりと大きめな病院の隣だったせいか停電することはありませんでした。東日本大震災の後の計画停電でも、予定表には住所が入っていたけど停電は無く、気おつけるのは落雷くらいだったかも。でも今度は田舎町なので様々な要因の停電が起こるかもしれません。

UPSってなんじゃらほい

Uninterruptible Power System、無停電電源装置、すなわち電池のことです。デスクトップPCで停電があると問答無用で電源が切れてしまいますが、ノートPCのように電源切れてもバッテリーで使用することができます。※ただしデスクトップPCは消費電力が多いので数分~数十分の運用時間となります。停電したらその時間で安全にシャットダウンしてね、という意味で使用します。

まずはワットチェッカー

コンセントの間に接続すると消費電力量を表示してくれるヤツです。Revexの節電 エコチェッカー ET30Dというのを購入しました。UPSがあっても搭載しているバッテリーの容量には限りがあるので消費電力がわかれば停電後にどのくらいの時間を稼げるかが変わってきます。

イマイチポイント

液晶が見づらいですね。昼間は反射してしまうし夜は真っ黒で見えません。バックライトあればよかったですね。

UPSはCP550JPにしました

APC製のものを以前勤めていた会社で使用していました。QNAPのNASとの相性もよかったので、同じものを購入しようと思ったら廃盤になってしまったようで似たような感じのCP550JPにしてみました。USB出力線もついているのでNASに繋げば電源異常通知も行ってくれるはず。

専用ソフトウェアが便利

NASに接続しようと思っていたUSBケーブルをWindowsPCに繋ぐと専用常駐ソフトが利用できます。バッテリー残量から電源バックアップ可能な時間など表示してくれます。PCつけっぱなしで電源に以上があった場合は自動でシャットダウンしてくれる機能や消費電力から電気料金の計算までしてくれます。ワットチェッカー要らないじゃんw 結構あれもこれもと、繋ぎすぎて停電後7分間しか持たなくなっていますね。繋ぐ機器の選別も必要です。

配線ぐっちゃー。右側4つが停電時にバッテリーから電力供給されるコンセントで左側4つは停電したらバチッと切れます。あ、PCだけじゃなくHDDを搭載しているテレビやプレイステーションなどにも故障対策で導入すると効果的ですよ。


ブログランキングに参加しています。よかったら応援おねがいします。

人気の記事

PC, ハードウェア, PC, UPS, USB, 電源

Posted by toriusa