【Gaming移住】田舎は寒いぞー!

移住から暮らしへ、ということで徐々に変更していきます。カテゴリーはそのままゲーミング移住というブログカテゴリーとしてお話しをしていきます。

簡単プロフ

生まれは神奈川県、世田谷区に小さな事務所を構えるフリーランスクリエイターをしていました。WEB関連のものならほぼなんでも制作できます。もちろんゲーム大好き。リアルゲームからRPG・シュミレーションまでなんでもやります。【Gaming移住】は、「とりとうさぎと」では珍しいリアルコンテンツ。

寒い。やばい

山梨は寒暖の差が超激しいですね。日中は暖かいですが朝晩の冷え込みがハンパない。近くの用水路も朝みると凍っていることも増えてきました。水道が夏場はあまり冷えていなく感じられて、秋冬は給湯しなくてもそれほど冷たくない感じなので、地熱は結構ある気がします。軽い降雪ならすぐ解けそうですね。

以前購入したものの中でコロナのSL-6619という石油ストーブを紹介しました。この記事を書いている12月現在のように必要になってからだと高くなるかなーと思って9月にやっていたセールで思い切って購入したんですが、約2000円も値段下がっとるやないかー!

コロナ石油ストーブのレビュー

リビング用として購入しました。リビングの広さは20畳ほどです。メーカー推奨が木造17畳まで用となっているのでややパワー不足かなと思われましたが、余裕でカバーできてしまう熱量でした。むしろ熱いくらい。北海道の人が冬にアイスを食べるというのがよくわかるくらい。

しかし問題あり

石油ストーブはお湯も沸かせるし餅も焼けるし良いことづくめなんですが、一つだけ大きな問題がありました。それは…。灯油の消費が尋常ないくらい激しいんです。7リットルのタンクなんですが、1日フル稼働した場合、3日持たないかも。これは計算外でした。

コロナ KCP-2219Yを追加購入

KCP-2219Yというコロナの一番小さいモデルを購入しました。ホームセンターでAmazonより安く購入できます。使い方は朝1で6619をつけて十分に暖めてから、2219で熱を維持するという感じです。2219はタンクが3リットルだし、1日つけっぱなしでも灯油は半分以上残っていました。室温も余裕で20度キープできています。使い勝手も良いので2階用にも1台購入しておきました。 火に近いせいか、お餅は反射式のほうが良く焼けますね。

窓がさむい問題

1階も2階も窓には、ほぼ全部に雨戸がついています。マンションには雨戸というものがなかったので雨戸があることによって断熱効果があることを知りました。やや結露はしていますが断熱シートとか貼らなくてもよさそうです。雨戸がない窓も数か所あるので対策をしていきます。

プラダンで断熱してみよう

リアルクラフターのスキルを発動させてみました。ホームセンターに引越しとかで壁の養生につかうプラスチック製の段ボールのような板が700円くらいで売っています。売り場のすぐそばに4㎜厚用のプラスチック製のレールも売っていました。組み合わせて2重サッシのようにして断熱するという動画がYoutubeにあったので参考にして作ってみました。

レールを両面テープで貼ってしまうと、剥がすときに窓枠の木材が剥けてしまうのでマスキングテープを貼った上に両面テープを貼っていきます。下側は簡単だけど上のレールはやりにくいね。

レールは1メートルなのでサイズ合わせでカットする必要があります。プラスチック用の鋸があれば簡単です。

レールができたら、プラダンを窓のサイズにカットしてはめ込むだけ。レールは上側が200円、下側が150円くらいです。1つの窓が約1400円で完成できました。雨戸のない窓がもう1か所あるので追加でやっていきます。窓プラダンに点々と跡がついているのは手をついたところです。プラなので跡がついちゃいますね。

プラダンサッシの効果

西側の窓ですが、窓から冷気が完全に消えました。すこーし開けると冷気がスーっと出てきます。たぶん5度くらい違うと思います。北側の窓だったらもっと効果あるかも。雨戸あるところも全部やれば相当効果があるような気がしています。

solid-line
関東から甲信越に移住をキメた田舎暮らしMMORPGトラベラー。ネトゲ歴と自作PC歴は10年以上。遊んでいるオンラインMMORPGの旅行記を中心に、PCの話題などを書いているブログです。ファイナルファンタジー14のManaデータセンター内Titanサーバー、黒い砂漠はセレンディアサーバーの3chで活動しています。

ブログランキング参加中。応援おねがいします。