【ネット】話題のスマホに機種を変えてみました

約2年前に格安携帯と呼ばれるMVNOに乗り換えました。その後も順調に全く問題なく使用し続けていますが、やはりスマートフォン本体に異常が出てきました。ASUSのZenPhoneGoというものだったのですが、バッテリーがだんだんと弱くなり1日もつかもたないかぐらいになりました。

以前から充電すると勝手に再起動を繰り返してしまうという謎の減少があったのですが、頻繁に起こるようになってしまい、着信すらうまくできません。さすがにもうダメだなーと買い替えとなりました。

機種変更?

買い替えと言っても手段は3通りあります。ひとつはおそらく問題であろうバッテリーを交換して延命措置をすること。最も安価な方法ですが、ZenPhoneGoの本体はプラスチックなので経年劣化などで傷だらけなのも確かなので今回は買い替え方面へ。

残るは機種変更か新規追加かですね。機種変更では一応キャンペーンは開催していますが端末価格が高額なので今回は解約して新規追加することにしました。番号は変わってしまいますが端末価格がキャンペーンで激安なのです。

端末価格480円~

なな、なんと新規ならば480円の機種もあるんですね。ちょっと聞いたこと無いメーカーなのでスルーですがスペックを見ると、オクタコア1.5GHzでRAMが3GBでROMが32GB。画面解像度が1280×720と十分な気がしますが、ZenPhoneGoとスペックほぼ同じではないかー。

話題のスマホ。

ファー!今なにかと話題のHUAWEIが目に止まりました。6800円でほぼ最新機種のP20liteというやつです。iPhoneXRのような前面カメラを避けるように液晶が全面になっているやつですね。2.36GHzと1.7GHzのオクタコアとRAMが4GBでROMが32GB、2,280×1,080のフルHD+です。発売開始日調べてみたら2018年の6月だったのでびっくり。



でもiPhoneXRもそうだけど、液晶のデザインが気に入らないんですよね。カメラ避けるようにアイコンとか並べてるのもなんか違和感がある。ということでその下にあったnova lite2を見てみることに。こちらは現在使っているiPhone6Plusそっくりです。

スペックを見てみたら、なんとCPUはP20liteと同じでした。こちらは発売日が2018年2月ですね。RAMが3GBと1GB少なくて無線LANの11acも対応外ですがスペックほぼ同じですね。本体アルミ製ということなのでiPhoneの技術がそのまま使われていることでしょう。しかも専用ケース付きです。

新規登録の費用合計とか

というわけで、nova lite2に決定しました。気になるお値段は。

端末購入代金 1,800円(税抜)
初期手数料 3,000円(税抜)

合計4,800円(税抜)で済みました。申込みから出荷まで1日、さらに佐川遅便で配送されてしまったので手元に届くまで約3日かかりました。ヤマト運輸さんだったら隣県配達なので2日で届きますね。初期手数料は月額料金と同じ請求なので次の請求日まで請求されません。

月額費用

月額費用は変わらずです。オプションは特に必要性が無いので加入していません。

OCNモバイルONE月額基本料金 ベーシックプラン 700円
データ通信料金 110MB/日コース 900円

1日110MBコースで超過した場合はデータ通信が減速されるだけなので、月額1600円(税抜)しかかかりません。超過しても毎日24時リセットなので安心して使い切れます。

「夕方17時頃までに合計120MB使ってしまった!」場合は17時から24時まで減速されますが24時過ぎれば速度は回復します。さらに1日分までストックできるので貯めておけば、合計少し増えて230MBまで使用できるようになります。

端末の質感・デザイン

左がiPhone6Plus、右が購入したnova lite2。細かい部分部分のデザイン、加工精度などは、うん、iPhoneですね。サイズが違うだけ。逆にiPhoneのほうが継ぎ目に金属ではないものをつかっているせいか質感に違和感があるようにも見えてしまいます。

横幅もnova lite2のほうがスリムです。スリムなので持ちやすい!液晶はnova lite2のが長いけど本体はiPhone6Plusのほうが長い。背面カメラは2眼レンズで出っ張ってます。LEDライトはiPhoneのほうが大きいけど黄色っぽくて暗い感じ。nova lite2のが青くて明るい感じでした。あとはイヤホンジャックもあり、ライトニングとUSBの違いくらいですね。

iPhene6Plusは2208×1242なので解像度はほぼ同じなのでキメの細かさもほぼ同等です。解像度が縦に長いので待受は4Kくらいの画像素材が必要になってきます。普段プレイしている「」だとフルHDのスクリーンショットしか撮影できないので8Kまで撮影できる「黒い砂漠」で撮影したものを使用しました。高解像度なのでめちゃくちゃきれいです。

ZenPhoneGoと比べると大きさはほぼ同じですね。ZenPhoneは湾曲しているので厚みがあります。格段に持ちやすいわけでもなく置いたときにも安定しないし、ゲームなどをして本体が熱くなってしまったときに平べったいほうが放熱しやすいので平らなほうがいいですね。

使用感など

AndroidOSなのでZenPhoneと全体的な設定や動きはほぼ同じですが指紋認証に加えて、顔認証がついていてアンロックが非常に簡単なのと、EMUIというシステムが加わっているのでASUSのZenUIとは言い回しなどが違いますね。

画面をポンポンとダブルクリックするだけでロック/アンロックできたりiOSには無い機能なども、とても使いやすいです。まだ試してないけどBluetoothが2個同時に使えたりするみたい。

ゲームは数種類やってみた感じ、ストレスなく結構サクサク動きました。iPhone6Plusと比べると「ドラガリアロスト」はもっさり感が少し無くなった感じ。「デスティニーチャイルド」はダウンロード時間が長く感じましたが動作は機能制限しなくても問題無い感じで発熱も少ないです。「転生したらスライムだった件 ~魔国連邦創世記~」はもともと重くないのであまり参考にならず。

ドラガリアロスト

ドラガリアロスト

Nintendo Co., Ltd.posted withアプリーチ

デスティニーチャイルド

デスティニーチャイルド

Stairs Corp.posted withアプリーチ

転生したらスライムだった件 ~魔国連邦創世記~

転生したらスライムだった件 ~魔国連邦創世記~

KICK-ASS, Ltd.posted withアプリーチ

デュアルカメラ

カゴ越しに撮影すると、どんなカメラでもオートだと網にピントがあってしまいますね。サッと撮ったものですが、これだけ撮れれば問題ないですね。解像度も最大13M(4160X3120)ピクセルなので超でかい。




セールは12月25日11:00まで!

ちなみに普通に購入すると結構高いです。

モバイル紹介キャンペーン開催中

最大1,700円のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンが開催中です。キャンペーン期間中に「OCN モバイル ONE 音声対応SIM」「OCNでんわ かけ放題オプション」「あんしんモバイルパック」を申込完了した上でキャンペーンコード「b0d4273」を応募フォームで送信すると応募できます。

開催期間は2018年12月3日(月)~2019年4月30日(火)17:00までとなります。

人気の記事

ブログランキングに参加しています。よかったら応援おねがいします。