【ネット】IPv6 IPoE + IPV6 over IPV4対応ルーターを購入しました

最近TP-Linkのルーターを購入したばかりですが、またまたルーターを購入してしまいました。理由は簡単、引越しでネット環境が変わったからです。今ままでのマンションVDSLから普通の光回線になったので速度も10倍界王拳です\(^o^)/ ※ベストエフォート

ONUが変わった

ONUとは、マンションVDSLだと電話回線からつなぐ1つ目の機械です。RV-S340SEというルーターもついているものを使用していました。今回は光電話を切ってしまったのでGE-PON-ONUというものに変わりました。これだと本当、光ケーブルをLANケーブルに変換しているだけのシンプル構造なので管理画面とか無いんですよね。接続情報とかはPCかルーターで入力するタイプでした。

IPV6が通らない

TP-Linkのルーターをつなげてみると、接続IDとパスワードは変更無いのでそのまま繋がります。これは便利だね。接続をチェックするとIPV6だけ繋がりませんでした。設定変えてみたりしても、うんともすんとも。IPV6の設定項目はあるんだけど回線の方式に対応していないっぽいな、という結論に達しました。ONUとPCを直つなぎすると400~500Mbps以上と結構な速度が出るんだけど、TP-Linkルーターを通すと120Mbpsくらいになっちゃう。

NEC PA-WG2600HS

というわけで、 IPV6はフル対応な PA-WG2600HSをポチりました。フラッグシップの一つ下のグレードをチョイスしました。NECのルーターは2台目ですが割と性能はよろしいですね。11acが1733Mbpsと11nが800Mbpsってすごいよね。ほぼ有線で使うので廉価モデルでもよかったんだけど、TP-Linkをアクセスポイントモードにして無線機能は任せます。また無線子機のMacアドレス全部入れないといけないし、めんどくさいw

管理画面がわかりにくい

NECルーターの管理画面はかなり簡素化されていてやりにくいです。以前の2カラムのほうが断然良かった。セキュリティ設定どこにあるのかわからんし。詳細設定のアコーディオンなんとかならんかの。簡易モードとアドバンスドモードに分けてほしい。

TP-Linkのほうがセキュリティ細かく設定できますね。しばらくONU–>PA-WG2600HS–>TP-LinkC6で使おう。

動作結果

時間帯問わずダウンロードは平均して400Mbps以上出るようになりました。アップも200Mbps以上出ています。今までのマンションVDSLと比べると実測で4倍から5倍以上になるので満足です。測定サーバーをLove4Taylorにするとすごい速いよね。


ブログランキングに参加しています。よかったら応援おねがいします。

人気の記事