【PC】QNAPのHDDエラーが発生したので復旧しました

QNAP社が出している高機能高性能NASの記事です。通常のファイル保存に加えて様々なことができちゃうすごい便利なNASなのです。もちろんお値段も高級です。

しかしそれはある日突然に起きました。
Errorメッセージ「HDD Ejted」

1番のHDDが故障してしまったようです。ホットスワップなので電源入れたままHDD取り外しとかできるので、とりあえずHDDを外してWindowsでフォーマットしてCrystalDiskInfoしてみました。

結果は良好ではないけど「注意」というレベルでした。そういえば過去に何度か同じ現象が起きているのでたぶんハズレのHDDだね。代替処理済みのセクタ数というのが悪いらしい。

ゼロフォーマットを行う

1回HDDの完全消去を行うと良いと、どこかで読んだ気がするのでゼロフォーマットをかけます。とりあえずメール受けなどで1日中放置で起動させてるMacで開始しました。Windowsでやると突然落ちたりするかもしれないので危険です。MacOSXはよっぽどのことが無い限り安定してるのでこういった長時間処理にはいいですね。

HDD自体かなり古いしQNAPに入ってるデータも他にコピー済みだから最悪壊れても良いんだよね。7日間みっちり消去していただきました。WindowsでもテストするのでexFATにしました。HFSでやったらまたフォーマットしないといけないからね。

その後チェックしてみたら、レベルは変わらず「注意」のままでした。

QNAPに組み込む

ちゃんと通電するし読み書きできて問題なさそうなので再び組んでしまいます。

新規ディスクとして中古HDDを組むときはパーティション情報をすべて消去しないとRaidの再構築が始まってくれません。

再構築には24時間くらい掛かりそうですね。12時間経過で60%くらいでした。あとは完成を待つだけです。またエラーが出ないことを祈りましょう。

HDDは3TBから4TBくらいが良いかな。RAID10で運用しているのでHDD2台以上が同時故障しないとデータ損失はありませんが、8TBとかそれ以上になると故障した怖いですよね。


ブログランキングに参加しています。よかったら応援おねがいします。

人気の記事

PC, ハードウェア, メンテナンス, PC, Twitter

Posted by toriusa