【FFXIV】ラケティカ大森林に行ってきた

イルメグの大罪喰いを倒し、新たな地域「ラケティカ大森林」に到達しました。その名の通り大森林、ジャングルマップですね。湿地帯もあるようです。

ヤ・シュトラが「マトーヤ」と呼ばれて黒魔道士で戦っていた燃えた塔がありました。と、なにやら原住民が大勢押し寄せてきて…

選択肢でちゃかそうとしたらサンクレッドに怒られたw

そしてヤ・シュトラにもモノ扱いされてしまう。

アイテムレベル400になった

そういえば漆黒のヴィランズは吟遊詩人で進めています。機工士でもよかったかもしれないとちょっと後悔しています。ソロ戦闘だと支援スキル要らないし、純火力職がいいとおもう。メインストーリーのクリアにはなんの問題もありません。

ファノブの里

ストーリー進めてたら、うさぎの里に着きました。ヴィエラしかいない民の里です。リムサ・ロミンサのように高所に作られています。クエストで行き来がめんどくさいけど景色はきれいですね。

このハンモックは気持ちよさそう。おやすみ~

おいしそうなスープがテーブルに! でも椅子が遠すぎ問題。ルガディンサイズかな。

NPCがギリギリのところに立っているから、押したくなるよね?

ダンジョン

キタンナ神影洞に連れて行かれました。

鍾乳洞がわりときれいです。

途中で洞を抜けると大飛瀑。めっちゃきれい。MOBも結構強いんだけどFACEシステムのおかげで楽に進められますね。

最後、こんな獣を倒してコンプリート!

モブハント

まだツアー参加にはレベルが足りないからスルーなんだけど、ちょいちょいリスキーさん見かけるようになってきました。

どうみてもゴリラでした。あとはカラスかと思ったらでっかい顔だった。

フライング開放

一箇所未制覇だったのでクエスト完了後に開放になりました。ラケティカは街も段々だしフライングないと大変ですね。

次回はアム・アレーン方面ですね~


ブログランキングに参加しています。よかったら応援おねがいします。

人気の記事