【FFXIV】新エリアの妖精郷イル・メグが美しい

現在パリで開催中の「THE 2019 FINAL FANTASY XIV FAN FESTIVAL IN PARIS」で、来るPatch5.0の詳細がTwichでライブ放送されています。見逃した方はTwichアーカイブでも見られます。

finalfantasyxivのUpcoming: FFXIV LIVE from the Fan Festival in Paris!をwww.twitch.tvから視聴する

 妖精郷イル・メグ

数々の発表の中で特に気になったのが新エリアのイル・メグでした。どことなく懐かしい雰囲気の映像、そう過去にやってきたMMOに似ているんです。

建物とか全体の様子は違うんですが、構造というか雰囲気が似ている。たとえば丘に埋まっているような建物ですが、どことなくBLESSのエターナルフォレストっぽい感じ。

真似ているとかそういうことを言いたいのではなくて、いつものFF14的なものではなく、ファンタジー寄りの雰囲気なので好きな感じなのです。

この廃墟のような荒野なんて、アーキエイジって言ってもわからない。

もちろん映像からのキャプチャなので実際の画質ではわかるけど。FF14にもグライダーが欲しいなw

続いて妖精のお城みたいなエリア。

アルレマンシアだねー。てか最初にイル・メグの映像見たときにTERAかとおもったのだよ。実際見比べてみるとTERAって色合いがすごいね。

最後にお城。新たなエタバン会場かな?ってくらい立派な感じだけど、ダンジョン扱いなのかも。ただ島のようなところにポツンとある感じがちょっと寂しい気がしました。

新たな蛮神!?

今回の発表ってイル・メグ最高かよ。ツクヨミも良かったけどティターニアすごくイイね。新種族ティターニアでもいいんじゃなかろうか。ヴィエラなんてほとんど裸じゃないですか。エッチ。

最後に

キャラデザやっている人のトークセッションがあってじっくり見てました。MMOで振り袖はきついとか言ってましたけどね。

振り袖でチャンバラやってるMMOが過去にあったので、出来ないことは無いはず。まぁ大変なのは確かだろうけどw


ブログランキングに参加しています。よかったら応援おねがいします。

人気の記事