【PC】PS3コントローラの振動+ワイヤレス化に成功しました

以前書いた記事ではプレイステーション3のデュアルショック3コントローラーを使ってゲームすることが可能となりましたが、バイブレーションが効いていないのとBluetoothがうまく繋がらないという問題がありました。

Bleutoothアダプターを購入

既に1つ、BT-MicroEDR2Xというものを持っているのですがもう規格が古くなっていたので、今回新しく追加購入しました。Ver2.1のままだったんだね、一番最新のはVer5.0まで進んでた。主に速度とかセキュリティとかが進化したみたいです。バージョンが上がっても音質はVer1.1から変わらないみたいですね。

Ver5.0はまだ普及していないのでVer4.0を購入しました。パッケージ見るとWindows10非対応ですが問題なくWindows標準ドライバーで動作しました。付属ソフト入れても動作はしてましたが、デュアルショック3と接続するためにアンインストールしてます。

新たなドライバパッケージを見つけた

いろいろ探してみたところ、「XInput Wrapper for DS3」というものでも、バイブレーション&ワイヤレス動作するらしい。試してみたところ、Xbox360ドライバを使ったことでバイブレーション機能はうまく動きました。でもワイヤレスになることはありませんでした。残念。

ScpToolkit (ScpServer Reloaded)

XInput Wrapper for DS3」が記載されてるフォーラムの記事を見ると2011年8月なんですよね。それから更新されていないうちに、新しく「ScpToolkit」というものがリリースされていました。新しくといっても2年前ですけどね。

さすがにプレイステーション3のデュアルショック3もレガシーデバイスなので動作させることのできるプログラムのほうが貴重ですね。「ScpToolkit」は新たにPS4のコントローラにも対応しています。

インストール

特に難しいことはないですが、使用するであろう機能でチェックがないところはしっかりとチェックしましょう。

インストール後でもドライバインストールができます。スタートメニューから「ScpToolkit Driver Installer」を選ぶと上のようなウィンドウが開くのでBluetoothとドライバをインストールしましょう。DualShock4は持ってないので未検証です。

通知音を消す

通知音が結構やかましいので「ScpToolkit Global Configuration」を開いてSound settingのチェックをすべて外せば音は消すことができます。

これで設定は終わりで無事にDualShock3のすべての機能をPCで使えるようになりました。「」のボタンキャリブレーションも設定をイジること無く使用できています。「黒い砂漠」でも問題はなかったです。

問題点

Bluetoothアダプターを追加購入した理由の一つにもなりますが、ScpToolkitでBluetoothを使用するとアダプターを1つ占有してしまいます。他の通信が全くできなくなってしまうので注意が必要です。私の場合、Ver2.1の古いアダプターがあるのでそれで他の通信にしています。

もう一つは経年劣化ですね。DualShock3のバッテリーがだいぶ弱くなっていました。特に先日からプレイしている「Forza Horizon 4」。走行中に常時振動しているのでワイヤレスで使用すると瞬く間にバッテリーが無くなってしまいました。

釣りやムービー以外では振動しない「」なら結構な時間もつと思われます。それでも気になるようなら交換しましょう。


ブログランキングに参加しています。よかったら応援おねがいします。

人気の記事